幼稚園児、補助輪付き自転車の練習をする【注意すべきポイントを把握しよう】

こどもの学び
固定ページ

自転車の練習日和(びより)です

自転車の練習に息子を誘いました

【なみえ】
【なみえ】

いや~

ものすごくいい天気

自転車の練習しよう

【たける】
【たける】

やった~

自転車の練習やる~

とまれの白線では左右確認ですね

教えたことを守れるってすごい

【なみえ】
【なみえ】

車は危ないから

とまれの標識で

確認するんだよって説明してます

【たける】
【たける】

なんか危ないから

遠くで止まるんよ

【なみえ】
【なみえ】

用心深いな・・・

まあ、安全だからいいか

内輪差なんて園児には理解むつかしい

曲がろうとすると

【たける】
【たける】

かなり慣れてきた

【ぼく】は乗れてる!!

【なみえ】
【なみえ】

あぁ~

たける曲がるとき注意して

【たける】
【たける】

自転車が傷ついてしまったぁ

【なみえ】
【なみえ】

補助輪をこすっただけだよ

次から気を付けよう

いつも最後になると集中力が・・・

ぼーっとしてしまう

【たける】
【たける】

【その①】

あっ

鳥だ・・・

【なみえ】
【なみえ】

前見て自転車こぐよ

【たける】
【たける】

【その②】

あっ

たんぽぽのホワホワだ

【なみえ】
【なみえ】

だーかぁーら

前見ないと危ないって

【たける】
【たける】

【その③】

川に

お魚がいる

【なみえ】
【なみえ】

もう、

前見てこぐ!帰るよ!!

単身赴任のお父さんへ

自転車の練習をするときのポイント

  1. 内輪差のチェックをしながら並走
  2. 時間がたつと集中力が切れる
  3. 汗かくのでお茶を持っていく
  4. ハイチュウは栄養補給の一品で必須

単身赴任先の父と夜にテレビ電話にて

※Facetime(テレビ電話)で3人一斉に話せます

【たける】
【たける】

今日は自転車の練習したんよ

【いちろ】
【いちろ】

そっか~

だいぶ乗れるようになったろ

【なみえ】
【なみえ】

気を付ける

ポイントが2個あるんで

今度帰ってきたら

自転車の練習よろしく

【たける】
【たける】

お父さんに

乗れるところ見せるよ

【いちろ】
【いちろ】

そっか

お父さんも楽しみにしてるよ

子どもの自転車と並走か・・・

【歳のせいか膝の具合が

悪いのが気になる所です・・・】

タイトルとURLをコピーしました