幼稚園年中 息子の友達を家に招いて遊びました

こどもの学び
固定ページ

今回はおともだちが我が家に遊びにきました

前回はお友達の家に行きました

今回は我が家に招待しました

遊びに来てくれたおともだち いらっしゃいませ( 6名様 )

  • お友達2名(息子と同級生の年中 男の子)
  • お友達のお母さん2名
  • お友達の妹1名(1歳 赤ちゃん)
  • お友達のお姉ちゃん1名(小学2年生)
【なみえ】
【なみえ】

家に人を呼ぶなんて

やどかりの母が

大丈夫だろうか・・・

【たける】
【たける】

僕は楽しみ

息子の説明(仮面ライダーおもちゃ)その1

やっぱり人の家のおもちゃは興味深々

おともだちも『あーだ』『こーだ』

言いながら遊び始めました

息子はホームなもので

ふだん大きい声をあまり上げないのですが

しっかりおともだちに説明しだしました

【たける】
【たける】

ちがうよ~

その武器(フーセンで膨らむ)

は正義の方で

そのベルトは敵のだから

一緒に使わんやつやん

【なみえ】
【なみえ】

どっちでもいいわ

息子の説明(仮面ライダーおもちゃ)その2

【たける】
【たける】

このベルトは

この玉を入れて

このスイッチを押すと変身するんよ

【なみえ】
【なみえ】

おー

ちゃんと分かりやすく

説明できてる!!

幼稚園でもこんな感じでやってるかな?

なんて息子の新たな一面を発見

お菓子→遊び→お菓子→遊びの無限ループ

みんなでお菓子をうばい合うように食べる

【なみえ】
【なみえ】

息子は家では一人だから

うばい合うように食べる事

ないからなぁ

急いでおやつ食べてました

兄弟っていた方がいいなぁ

お菓子食べては 遊ぶの繰り返し

ちょっとしたトラブル!!

まだまだ4歳児、

個人のやりたいことが優先しトラブルになる!!

息子がボールプールで遊ぼうと用意すると

おともだちの1人が外にボール全部出して、

中で電車のおもちゃで遊びだしました

息子はあまり自己主張しないので、で泣き出しそうになります

もう1人のおともだちが、おもちゃの剣を差し出し

『一緒にあそぼう』って言ってくれて、もちこたえました

【なみえ】
【なみえ】

こどもの世界にも思いやりとか

相手の感情とか考えて

行動する子もいるんだ

自慢のぬいぐるみ紹介

息子には小さいころから大事にしてる≪ぬいぐるみ2体≫があります

実を言うとこのぬいぐるみ

母が30年以上前から大切にしているぬいぐるみです

【なみえ】
【なみえ】

まさか

自分がこどもの頃から

大切にしていた

ぬいぐるみを我が子が

手にするとは

思ってもみなかった

だんごむしになる息子

ところが当然といえば当然ですが

おともだち2人は≪ぬいぐるみ≫に

まったく興味わきませんでした・・・

息子はいじけて⦅だんごむし⦆になりました

【なみえ】
【なみえ】

そりゃそうなるよ

自分の大事な物と

人の大事な物は違うからね

自分の大切な物があるだけイイよ

赤ちゃん近づく!!!

たけるの横にお友達の妹(1歳)が近づいてきました

息子はというと対応できず

隣でにかたまってました

単身赴任先の父と夜にテレビ電話にて

※フェイスタイム(テレビ電話)なんで3人で一斉に話せます

【たける】
【たける】

今日ね

ともだちが遊びに来たとよ

たくさん来たんよ

【いちろ】
【いちろ】

楽しめた?

【なみえ】
【なみえ】

まぁたくさんと言っても

来たのは親入れて6名だよ

【いちろ】
【いちろ】

6名でも【なみえ】さん

ちびっこ軍団は大変だったろ?

【たける】
【たける】

みんなでゲームしたり

お菓子食べたりしたんよ

【いちろ】
【いちろ】

なんかいいなぁ

幼稚園の友達か~

お父さんは引っ越し多くて

幼稚園の友達まったく

いないからね

【なみえ】
【なみえ】

まあ

嵐がワーッときて

ワーッと去ってった感じ

【たける】
【たける】

楽しかった

今度はお友達の家に

行くんよ

タイトルとURLをコピーしました