幼稚園児の親切が間違いだった時、親はどうする

家族の学び
固定ページ

手洗いうがいを行う

前置きですが息子は気がききます

先に息子が手洗い&うがいをしました

【たける】
【たける】

お母さんのコップに

水入れといたよ~

【なみえ】
【なみえ】

ありがとう~

母が洗面台に行くとコップが汚れてる

【なみえ】
【なみえ】

帰った来たら

手洗いとうがいが大切と

息子には言い聞かせてます

【いちろ】
【いちろ】

風邪とかお腹こわしちゃうからね

【なみえ】
【なみえ】

ありがたいけど

手洗い前にコップに水いれたな

汚れてる・・・

【いちろ】
【いちろ】

こういう時の注意ってむつかしいなぁ

子どもの親切な行いが間違いの時

子どもが親切で行ったことで

親としては『ちがうよ』って事も

多いと思います

そういうときは

  1. 親は見つけた瞬間の感情で注意しない
  2. 親は深呼吸して考える
  3. 良かった行いをたくさんほめる
  4. 良くない点を直してほしいと説明
  5. 『すごくありがたかった』と言葉に出す
  6. 小さい時は抱きしめる

なんてのはいかがでしょう?

こういう時こそ時間をかけた方がイイですよ

結局、家族も会社も信頼関係なんじゃないかと

【いちろ】
【いちろ】

言っても無駄って感じる人には

家族も部下も信頼しないでしょうね

タイトルとURLをコピーしました